第43回日本リンパ学会総会

UMINセンターの定期電源設備保守作業に伴う停電のため、
下記の時間帯は本ホームページの閲覧はできません
2018年10月27日土曜日 11:00~21:00(10時間停止予定)

会頭挨拶

 この度、伝統ある日本リンパ学会の第43回総会を2019年3月22日(金曜日)、23日(土曜日)に東京都豊島区のホテルメトロポリタン池袋で開催させて頂くことになりました。本学会は、日本脈管学会の中でリンパ系研究会として開催されていたものが、1989年第12回国際リンパ学会議を本邦で開催するに当たり、発展的に日本リンパ学会となったものです。丁度その頃勤務いたしておりました大塚の癌研で、恩師の西 満正先生をお助けしながら国際会議の準備や学会化の作業に携わっていたことを懐かしく思い出します。そして、その総会をお世話させて頂くことを身に余る光栄に存じますとともに、この機会を与えて頂きました大橋俊夫理事長、ならびに常任理事、理事、評議員、会員の皆様方に深く御礼申し上げます。
 本学会は研究会当時対象として多かった解剖やリンパ浮腫のみならず、病理や免疫、腫瘍外科の分野にまで幅広く討論されるようになって参りました。現在は、循環器学、免疫学、腫瘍学を3つの柱に、その基礎ならびに臨床研究の発展と、新しいリンパ学に係わる教育や社会活動等を支援する活動を行うまでに発展してきています。第43回総会は「基礎・臨床 不易流行 リンパ学」をテーマといたしました。「不易流行」は松尾芭蕉の俳諧の理念の言葉ですが、「不易」はいつまでも変わらない本質的なこと、「流行」は時代の流れや環境の変化とともに変わっていくことを意味しています。基礎の分野にも臨床の分野にも「不易流行」が存在するものと思います。是非本総会で残し伝えるべきものと新しい知見や進歩を討論共有し、国内外に発信して頂き、より一層の社会貢献と医学・医療の発展に寄与できれば幸いです。
 江﨑太一先生(東京女子医科大学医学部解剖学・発生生物学講座)による特別講演、前川二郎先生(横浜市立大学形成外科)による教育講演、大橋俊夫先生(信州大学医学部メディカル・ヘルスイノベーション講座)による理事長講演の他、「免疫・炎症のリンパ学」「癌のリンパ節転移と郭清の意義」「形態・微小循環のリンパ学」「リンパ浮腫:病態と治療最前線」の4つのシンポジウムを企画いたしております。会員の皆様方、学会奨励賞(西賞)および一般演題(リンパ系の基礎的あるいは臨床的研究に関するもの症例報告も可)に奮ってご応募くださいますようお願い申し上げます。
 第12回総会を恩師の西 満正先生が昭和最後の総会として担当され、今回の第43回総会を平成最後の総会として私が担当させていただくことを奇しき因縁かと感じております。会期の3月下旬は年度末で何かとご多用かと存じますが、桜の花が咲きほころび始めるであろう東京で皆様をお待ちいたしております。どうか、温かいご支援をお願いいたします。

第43回日本リンパ学会総会
会頭 太田 惠一朗
(日本医科大学 消化器外科 教授)

第43回日本リンパ学会総会 開催概要

日時 2019年3月22日(金曜日)・23日(土曜日)
会場 ホテルメトロポリタン池袋
〒171-8505 東京都豊島区西池袋1-6-1
TEL:03-3980-1111
会頭 太田 惠一朗(日本医科大学 消化器外科 教授)
テーマ 基礎・臨床 不易流行 リンパ学
Basic / Clinical Heritage & Innovation Lymphology

事務局

日本医科大学 消化器外科
〒113-8603 東京都文京区千駄木1-1-5
TEL:03-3822-2131 FAX:03-5685-0989

運営事務局

株式会社サンプラネット メディカルコンベンション事業部
〒112-0012 東京都文京区大塚3-5-10 住友成泉小石川ビル6階
TEL:03-5940-2614 FAX:03-3942-6396
E-mail:lymph43@sunpla-mcv.com

参加者の皆様へ

準備中

演題募集

1)演題申込資格

演者は原則として日本リンパ学会会員に限ります。
入会に関する連絡先は以下の通りです。
日本リンパ学会事務局
〒390-8621 松本市旭3-1-1 信州大学医学部メディカル・ヘルスイノベーション講座内
TEL:0263-31-3071 FAX:0263-31-3072
E-mail:jsl@shinshu-u.ac.jp

シンポジウム

シンポジウムの公募演題は、一般演題応募の中から選定させていただきます。

学会奨励賞(西賞)Award Session

<応募資格>
日本リンパ学会会員に限ります。
年齢制限はござません。但し、将来のリンパ研究を担う若手の研究者が好ましい。
Awardに選ばれた演題は、Award Sessionにて発表をしていただきます。

2)演題募集期間

演題募集期間:2018年10月10日(水曜日)~12月5日(水曜日)

3)演題申込方法

下記より抄録のフォーマットをダウンロードしていただき、必要事項をご記入いただいたファイルをメール(lymph43-endai@sunpla-mcv.com)に添付の上、お送りください。
また、送付後1週間以内に確認のメールをお送りしますが、メールが届かない場合は、お手数ですが再度送付もしくは「第43回日本リンパ学会総会運営事務局(lymph43@sunpla-mcv.com)」までご連絡ください。

  • ファイル名は、「筆頭演者名.doc」(例:山田太郎.doc)で保存し、メールの件名には、「演題応募(筆頭演者名)」(例:演題応募(山田太郎))と記して、お送りください。
  • 抄録本文の制限文字数は、全角1,000文字以内です。
  • 西賞に応募ご希望の場合は、抄録フォーマットのチェックボックスにおいて、Award Sessionへチェックしてください。また、ファイルをメール送信する際は、件名に「西賞応募」と記載してください。

4)採否通知

採否通知、発表日時等の連絡はE-mailにて行います。
演題の採否、発表日時の決定は会頭にご一任ください。

5)注意事項

  • 一般演題の発表はポスター発表のみとなります。
  • 演題募集期間中の演題の修正につきましては、差替え版の抄録フォーマットをお送りください。また、メールの件名に【演題修正】と明記してください。
  • 登録締切後の原稿の変更や、追加・変更はできませんのでご注意ください。
  • 期限を過ぎた原稿は原則として掲載できませんので、締め切りを厳守してください。
  • 抄録原稿はそのまま第43回日本リンパ学会総会抄録として「リンパ学」に掲載し、サプリメントとして学会前に発行されます。

6)抄録フォーマット

 抄録フォーマット

7)演題登録に関するお問合せ先

株式会社サンプラネット メディカルコンベンション事業部
〒112-0012 東京都文京区大塚3-5-10 住友成泉小石川ビル6階
TEL:03-5940-2614 FAX:03-3942-6396
E-mail:lymph43@sunpla-mcv.com

日程表(予定)

第1日目
3月22日(金)
 第2日目
3月23日(土)

プログラム(予定)

特別講演

第1日目 3月22日(金曜日)

「リンパの流れ:きのう、今日、そして明日へ―リンパ管腫実験モデルから学べること―」
座長:内野 滋雄(社会福祉法人三徳会)
演者:江﨑 太一(東京女子医科大学医学部解剖学・発生生物学講座)

教育講演

第2日目 3月23日(土曜日)

「リンパ浮腫診断と治療up to date」
座長:光嶋 勲(広島大学国際リンパ浮腫治療センター)
演者:前川 二郎(横浜市立大学形成外科)

理事長講演

第1日目 3月22日(金曜日)

「日本リンパ学会の歩みと今後の展望―リンパ学研究45年の経験を踏まえて―」
座長:太田 惠一朗(日本医科大学消化器外科)
演者:大橋 俊夫(信州大学医学部メディカル・ヘルスイノベーション講座)

シンポジウム(指定、一部公募)

第1日目 3月22日(金曜日)

シンポジウム1 「免疫・炎症のリンパ学」
シンポジウム2 「癌のリンパ節転移と郭清の意義」

第2日目 3月23日(土曜日)

シンポジウム3 「形態・微小循環のリンパ学」
シンポジウム4 「リンパ浮腫:病態と治療最前線」

学会奨励賞(西賞)選考Award Session(公募)

一般演題(公募)

リンパ系の基礎的あるいは臨床的研究に関するもの
症例報告も可

演者・座長の方へ

準備中

会場案内

ホテルメトロポリタン池袋

〒171-8505 東京都豊島区西池袋1-6-1
TEL:03-3980-1111
アクセス:http://www.metropolitan.jp/access/

リンク

日本リンパ学会
ホテルメトロポリタン池袋

▲ Page Top